昨日発売になった、「アルフ/ザ・ファイナル・スペシャル 」、ゲットしました!
内容を簡単にレポートしたいと思います。

この作品は、中途半端な終わり方で全国のアルフファンを欲求不満のどん底に陥れた(笑)TVシリーズの後日談です。ちなみにおなじみのタナー家やオクモニック家の人々は登場しません。

←クリックでチェック!

まず最初に、期待していた英語字幕は、やはり入っていませんでした…_| ̄|○
特典映像も、映画の予告編だけと、ちょっと期待外れです。

しかし、今回のために、新しく収録された、所さんによる、日本語吹替は貴重です!
英語オリジナル音声には、日本語字幕が表示できますので、英語がわからなくても楽しめます。

 

特筆すべきは、アルフの声も担当している、製作者ポール・フスコが自ら、作品を解説しているオーディオ・コメンタリーがついているということ。
アルフマニアなら、このためだけに購入する価値は十分にありますね!

ちなみに、こんな感じ。

This is more about Alf.
It wasn’t the…the Tanners, we kind of felt, were past history.
This was present history and uh…
この映画は あくまでアルフが中心で
タナー家は過去のものという感じがしたんだ

英語は私が聴き取ったもので、英語字幕はありません。
日本語は日本語字幕からひろいました。

今気づいたんだけど、米国版にも、このコメンタリー、ついてたのね(^^);
しかし、コメンタリーにも日本語字幕が表示できるので、聴き取りで疲れることもありませんw

ということで、私の満足度は…うーん、70点!
70点というのは「アルフで英語」的にであって、アルフマニア的には、100点です!

【関連記事】
「アルフで英語」の過去記事です。予告編がわりにどうぞ!
【番外編】PROJECT:ALF」(2007年05月13日)

続「アルフで英語」の記事より転載

(追記)すでに英語版のDVDを持っていて、日本語版の放送も録画している前提での評価ですので辛口になっていますが、内容的にはもちろん100点満点です(^^)